不妊治療

不妊治療受け入れ病院について-AID MAP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
infertility treatment

アクアビューティがサポートをしております不妊治療について、受け入れ先の病院にどのような違いがあるのかをご紹介いたします。

アクアビューティが【AID MAP(エイドマップ)】というブランドで行っております不妊治療サポートですが、受け入れ先の病院は国内とタイにございます。

*病院側からの要請により、不妊治療サポート契約が成立したレシピエント様と、マッチングが成立したドナー様にのみ、病院の情報を提供しています。

国内の不妊治療受け入れ先病院は関西圏

国内の不妊治療受け入れ先病院は、関西圏となります。
レシピエント様とドナー様、それぞれ数回病院に通っていただき、カウンセリングや診察を受けて頂きます。ですので、関西圏にある病院まで遠い場合は、交通費や滞在費が経費として必要になります。
この場合の経費は、ドナー様の分も含めて全てレシピエント様のご負担です。

タイの不妊治療売れ入れ先は首都バンコクの病院

タイの不妊治療受け入れ先病院は、ドナー様は基本的に1度の渡航で完結します。レシピエント様は、2、3回の渡航が必要になる場合があります。
ドナー様の場合は、男女とも採取しました精子や卵子を凍結保存します。卵子ドナー様の場合は、生理のタイミングを見計らっての渡航です。
レシピエント様の場合は、から、レシピエント様から採取した精子や卵子に、前もって採取されたドナー様の卵子や精子使い受精をします。そしてその受精卵を体内に戻して妊娠されるかどうかのステップに進みます。
そのため、1度の渡航で完結することが難しいか、または長期滞在をしていただくことになります。

国内と同じように、ドナー様の経費は全てレシピエント様のご負担となります。

複数回通い、レシピエント様とドナー様のタイミングなども合わせながら行う国内での不妊治療と、凍結したドナー様の精子や卵子を用いるタイでの不妊治療がありますので、スケジュールやご予算に都合の良い方を選択いただければと思います。

不妊治療総合サポートの代表窓口は大阪支社

不妊治療総合サポートの代表窓口は大阪支社です。
ご来社いただいてのご説明もいたしますので、お気軽にご予約の上、お越しください。

■アクアビューティの不妊治療サポートはこちらを参照ください。
AID 不妊治療総合サポート

■卵子を提供してほしい方(卵子レシピエント様)はこちらを参照ください。
卵子ドナーをお探しの方

■精子を提供してほしい方(精子レシピエント様)はこちらを参照ください。
精子ドナーをお探しの方

■卵子を提供したい方(卵子ドナー様)はこちらを参照ください。
卵子ドナー登録に興味がある方

■精子を提供したい方(精子ドナー様)はこちらを参照ください。
精子ドナー登録に興味がある方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加